読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I/O APICについて

前回LAPICについて書きました.LAPICは今ではCPU内に埋め込まれており,IntelのSDMにその使用方法が書いてあります.一方でI/O APICは今ではチップセットに埋め込まれているため,I/O APICに関して知りたい場合はチップセットのデータシートを見ることになり…

per cpu data シンボルのアドレス

kallsymsを見てみると,メモリ先頭のユーザ空間のアドレスにあるシンボルが複数存在していることが確認できます. % sudo cat /proc/kallsyms | head 0000000000000000 A irq_stack_union 0000000000000000 A __per_cpu_start 0000000000004000 A exception_…

X540のMSI-X設定

実際のデバイスでMSI-Xの設定の確認をしてみます. 今手元にX540があるので,それで実際に確認してみます. 文献 X540の仕様は以下から入手できます. Intel Ethernet Controller X540: Datasheet 7.3章にX540におけるMSI-Xについて書いてあります.また,9.…

x86_64 Linuxでの仮想アドレス/物理アドレス

Linux Device Driver Chapter 15では Linuxで利用されるアドレスを以下の5種類に分類しています. User virtual address Physical address Bus address Kernel logical address Kenerl virtual address User virtual addressはその名の通りユーザプロセスが…